20代

ここでは、20代の年齢肌の特長に合った、スキンケア化粧品選びのポイントやお肌のお手入れ方法を紹介しています。

20代から真剣に考えたいお肌のお手入れ

20代は、基礎化粧の重要性についてあまり深刻に考えない方も多いと思います。しかし、忙しい毎日でお肌のお手入れを怠ったり、極端に価格の安い基礎化粧品を使い続けることで、お肌のストレスや老化が急速に進んでしまうのをご存知でしょうか。

若いからといって化粧水や乳液だけでささっと済ませてしまうのではなく、美容液やクリームを使ってしっかり保湿するなど、常日頃からきちんとお手入れすることで、来る30代からの肌に大きな差が生まれます。

肌の基礎体力を上げてこの時期から年齢肌対策

20代は「肌の基礎作りの時期」と言われています。この年頃はホルモンの分泌も安定しており、肌のターンオーバーも短い周期で行われるため、素肌がいつもきれいに見えています。

しかし、一般的に25歳ごろから細胞レベルで老化が始まり、新陳代謝のスピードが低下することで、肌ダメージの修復が徐々に遅くなっていきます。

「以前に比べて肌のキメが粗くなった」「メイクののりが悪くなったかも」などなど、こんな肌の小さな変化に気付くことが多くなるのもこの時期です。誰しも老化は避けることができません。

しかし、適切なケアと生活習慣の改善などでそのスピードを遅らせたり、肌の再生能力を活発にさせることができます。むしろ、この時期のスキンケアが「10年20年先の美肌を作る」と言っても過言ではありませんので、「きちんとクレンジング」「しっかり洗顔」「十分な保湿」「紫外線対策」、最低限この4つのお手入れだけはしっかりと行い、今後の肌トラブルに備えておくようにしましょう。

また、20代後半で、「毛穴が目立つ」「なかなか寝跡が戻らない」「肌のざらつきが気になる」といった悩みがある方は、既に年齢肌が始まっているサインです。今からでも肌トラブル改善するためのスキンケアを実践していくことが重要ですよ。

20代の化粧品選びはまず自分を知ることから!

20代で適切な基礎化粧品選びを行うには、まず自分の肌質を把握しておくことが大前提です。これといったトラブルはなく比較的健康な肌なのか、全体にベタつきが気になるオイリー肌なのか、それとも乾燥しやすい敏感肌なのか…。
お手入れのついでに自分の肌状態を日頃から確認しておくクセをつけましょう。

そうすることによって、例えば「ドライスキンには保湿が欠かせない」→「セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸など、真皮にはたらきかける成分が配合されたアイテムを」といった具合に、自分の肌に何が必要なのか自ずと答えが出てくるはずですよ。