40代

ここでは、40代の年齢肌の特長に合った、スキンケア化粧品選びのポイントやお肌のお手入れ方法を紹介しています。

40代からはスポットケアに重点をおいた化粧品選びが◎

子育てなどから次第に解放され、時間的にも少し余裕ができ、自分自身のことが考えられるようになるのが40代ですね。

ただ、ふと鏡を覗いたときに、「20代と比べると肌のハリが全然なくなっている…」「30代よりもなんとなく肌がくすみ、しわも深く、たるみが目立ってきている…。」とショックを受けることも。40代になると、20代、30代と比べて肌のターンオーバーに時間がかかるようになってくるため、肌のトラブルや悩みも必然的に多くなってくるものです。

40代の基礎化粧品選びの際には、明らかに20代や30代の基礎化粧品とは違った考え方が必要になります。多少奮発してでも、機能性の高い基礎化粧品に着目してみましょう。

だんだんと気になりだす肌の老化ですが、目じりが気になったり、口の周りの乾燥が気になったりと、人それぞれ気になる場所も症状も違います。自分のウィークポイントを把握して、そこを集中的にケアする、つまり「ウィークポイントに着目したスキンケア」を心掛けることが、40代では重要なポイントだと言えるでしょう。

効果的なスキンケアをするためには、それまで使用していた化粧品の見直しが必要になるかもしれません。大手メーカーから販売されている保湿化粧品の中でも、「年齢肌に特化している化粧品」を選ぶようにします。

しみやくすみなどがとくに気になる人は、肌にハリをもたせてくれるスポット美容液をプラスしたり、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンCなどの美白成分が配合された、肌のハリをよみがえらせるための基礎化粧品を使用してみるのも良いでしょう。

自分のウィークポイントに合わせて、奮発する部分とそうでない部分などをきちんと分けて、基礎化粧品のラインを揃えることをオススメします。

また、ターンオーバーに時間がかかるようになり、肌全体に古い角質が残りやすくなっていますので、洗顔もしっかり行うようにしましょう。洗顔料選びのポイントは、保湿効果が高く、且つ、皮脂を落としすぎることのない洗顔料を選ぶことです。自分にあったモノを見つけるように、いろいろとサンプルなどで試してみましょう。

40代の若く魅せるメイク方法とは

40代メイク方法では、「年齢相応のメイク手法」に着目して、メイクアップ化粧品を選びたいところ。ベースだけでカバーしようとせず、カラー選びとコンシーラーを上手く使うことがポイントとなります。

ファンデーション選びは、これまで選んでいたファンデーションよりワントーン暗めのものを選ぶといいでしょう。コンシーラーはカバー力が強いもので、自分の肌に近い色を選びましょう。ベタ塗りはせず、気になる部分に適量を塗り、軽くたたいてなじませます。

口紅も青みがかったローズやオレンジ系のモノよりは、グロスをプラスするだけの自然な色使いのモノが、かえって40代の大人の色気を演出することにもなりますので、オススメですよ。

40代のメイク方法は、色味がはっきりとしたくっきりメイクよりも、シミを自然に隠す程度のナチュラルメイクのほうが、肌を美しく魅せる仕上がりとなるでしょう。