HOME >  世代別・年齢肌に合う化粧品選びのコツ

世代別・年齢肌に合う化粧品選びのコツ

このカテゴリでは20代、30代、40代に分けた世代別年齢肌の特徴、それぞれの年代に合った化粧品選びのポイントやお手入れ方法などを紹介しています。

年代別・年齢肌に適した化粧品の選び方

個人差はあるものの、肌には年代別にそれぞれ色々な特徴があります。年齢を重ねることで体力に衰えが見られるのと同様に、肌にも当然年齢的な変化が見られますので、それぞれの世代にあったスキンケアを押さえておきましょう。

20代

「20代はまだ若いから何もしなくていい」という訳ではありません。実は「肌の基礎作りの時期」として重要なのが20代なんです!20代前半はホルモンの分泌も安定し、肌のターンオーバーも平均28日かからないので、素肌がいつもきれいに見えています。

しかし、一般的に「25歳はお肌の曲がり角」と言われているとおり、25歳ごろから細胞レベルでの老化が進行します。新陳代謝のスピードが低下することで、肌ダメージの修復が徐々に遅くなっていき、「以前に比べて肌のキメが粗くなったかも?」「メイクののりが悪くなったかも?」と、肌の小さな変化に気付いている方も少なくないようです。

そこで、肌のトラブルが少ない30代以降を過ごすためにも、20代のうちに自分に合った正しい肌のお手入れを詳しく紹介します。

30代

一般的に女性の30代は子育てや仕事を中心に忙しく生活をしている人が多く、あまり自分自身に時間をかけられない年代です。ストレスを強く感じる年代でもあり、ホルモンのバランスを崩し、肌の水分バランスが乱れてしまう場合も多いようです。

30代の基礎化粧品選びのポイントとしては、保湿にこだわったスキンケア選びが重要です。ここでは肌トラブルの原因やオススメのスキンケア方法についてまとめていきます。

40代

子育てなどから解放され時間に少し余裕ができ、自分自身のことが考えられるのが40代です。ふと鏡を覗くと20代と比べると肌のハリもなくなって、30代よりもなんとなく肌がくすみ、しわも深く、たるみが気になる部分があることに気づいてしまう方も少なくないでしょう。

年齢肌対策として、40代の基礎化粧品の選びは、20代や30代の基礎化粧品とは違った見方で選ぶのがポイントとなります。ここでは40代に向けたスキンケア方法や、年齢肌を美しく魅せるメイク方法について解説していきます。

【番外】50代以上

一般的に50代では子どもたちが独立し、自分の時間が多く持てるようになります。

一方、更年期に差し掛かる年代でもあり、また定年などを意識する年齢でもあるためにストレスを感じたり、体力の衰えから病気が見つかったりと、健康的にも慎重にならなければいけない年代と言えます。

肌のダメージが色々とでてくる50代。化粧品選びには、今まで以上に保湿にこだわったものにシフトするのが良いでしょう。化粧水には水分子より小さいナノ処方されたものを使い、肌の角質層までしっかり浸透させると効果的ですよ。

また、若い時の肌と違って、笑いじわが深くなったり、ほうれい線が目立ったりと、年齢が肌に顕著に表れてくるのも50代以降の特徴。しみ・たるみの気になる部分には、丁寧にマッサージクリームを塗り込んだり、リフトアップ効果がある基礎化粧品を使用するのもオススメです。